So-net無料ブログ作成
検索選択

1 初めに [あるスチュワーデスの思い出]

私は1970年から1990年までの間、航空会社に客室乗務員として勤務しました。航空業界はもちろん、日本も世界も激動した20年です。旅の形も旅行者の意識も大いに変化したこの期間を、そこで青春時代の後半から、結婚出産を経てに中年に差し掛かるまでを過ごした私個人の思い出を辿りながら、何回かに分けて描いて行きたいと思います。色褪せて行く写真と、薄れ行く記憶を頼りに…

             

1970年は大阪万博の年であり、ジャンボジェットが初めて就航した年でもあります。海外旅行が庶民には夢のまた夢だった時代から、大量輸送時代へ移行して行った頃です。

私達新入生は初フライトに先立つ6ヶ月余り、前年の秋から、来る日も来る日も各種の訓練と試験の連続でした。

食事やお酒と飲み物に関する知識とサービス方法、検疫・出入国・税関その他の関連法、運航に関する国際協定、機体に関する知識、気象、各国の文化と観光、機内販売、英語、アナウンス、etc.etc.そして救急法と何より厳しい救難訓練。

こうして列挙して見ると、何と多岐に渡った事を学んだのでしょう!そしていくら若いとは言え、どうしてこんなに沢山覚えることが出来たのでしょうか… 

2月に訓練生のバッジを着けてはじめてのフライトに出ました。ホノルル経由サンフランシスコ行きです。田舎の停車場のような羽田空港。ボーディングブリッジはありませんから、空港ビル近くの飛行機へはのんびりと歩いて向かいます。

 この5ヶ月後にジャンボ機がやって来るのですが、それでもしばらくの間の主流は、DC-8と遠くに尾翼の天辺が見えるボーイング727です。


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 4

rino

もとこさんのスチュワーデス時代のお話、待ってました!
20年の勤務、その間に結婚、出産・・本当にすごいですね。
羽田空港のお写真も貴重ですね。これから楽しみに読ませていただきます。
by rino (2007-08-04 22:31) 

noie

rinoさんと全く同じコメントです(笑)
貴重な体験をお聞かせいただけるのを、
大変楽しみにしたおりました。

DC-10と727、懐かしいですね。
羽田で搭乗前に、歩きながら振り返って
手を振った写真が残っています。
by noie (2007-08-05 00:27) 

もとこさん。

rino様、noie様、私が飛んでいたのは既にずいぶん昔の話ですので、自分でも今更と言う気持ちがありました。ですからお二人の暖かいコメント、とても嬉しいです。どんな風に展開して行くのか私にも分かりませんが、宜しくお願いいたします。
by もとこさん。 (2007-08-05 23:16) 

めぎ

20年間のおつとめ、それはとっても貴重な長い年月ですよね。これからお話を伺うのがとっても楽しみです。
by めぎ (2007-08-06 05:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。