So-net無料ブログ作成
検索選択

5 第三次印パ戦争 [あるスチュワーデスの思い出]

中近東を経由して行く南回りヨーロッパ線は、その時々の政治情勢によって、寄港地と乗員の滞在地が変わります。

イランは、今でこそ宗教的な戒律を非常に重んじる国ですが、1979年にイスラム革命が起きる以前は西欧化路線をとるパーレビ国王の統治下にあり、テヘランの人々の生活は数日滞在するだけの私の目には、イスラムの国とは思えないほど華やかに見えましたした。欧米のようなファッショナブルな装いの女性も沢山いましたし、チャドル(女性の体全体を覆う黒い布)を着用した女性も裾を翻してカラフルミニスカートをのぞかせていたものです。 1970年代初め、大学でもオフィスでも当然のこととして女性達が活躍していました。何といっても、アメリカ系のホテルであるシェラトン・テヘランがあって私達乗員はそこに宿泊していたのですから、今の政治情勢からは考えられないことです。バザールでのショッピング、モスクや博物館の見学、観光など、車や徒歩で可能でした。

               
                     こんなミニチュアゴルフも出来ました。(1974年)

         
                            テヘランの街をそぞろ歩くこともありました。

 一方イランの東隣りの国、パキスタンは1947年の英領インドからの分離独立後、カシミールを巡ってインドと対立し、不穏な情勢が続いており、70年代初め当時カラチへは就航していませんでした。(後に就航し、私も何度も滞在しました。)

1971年の秋のある日、私はバンコクからのフライトで到着してテヘランにいました。
翌日、会社から連絡があり、明朝カラチに臨時便を出すので乗務するようにとの事です。それでキャプテン以下10人ほどの一チームが帰りの便のための食事だけ積み、空(から)のDC-8でカラチまで行きました。けれど上空に来てもなかなか着陸しないのです。その理由は後で分かるのですが、ようやく着陸し、満席のお客様を乗せてすぐに出発です。
お客様はほとんどが日本人の家族連れで、欧米の男性も少しいました。皆さん疲労と安堵の入り混じった表情で、中には泣いている方もいます。そして口々に「迎えに来てくださってありがとう」とおっしゃるのです。
この方たちは、少し前に第三次印パ戦争が勃発し、家を捨ててホテルに避難していた駐在員のご家族だったのです。
食べ物はパンしかなく、それも乏しくなりかけていたのだそうです。そして搭乗に先立って、命の保証は求めないと一筆書かされていたのだそうです。
フライトはどうにか無事安全なテヘランにたどり着き、そこから別の便で日本へ帰られました。
そして私達乗員は予定のヨーロッパ行きのスケジュールに戻ったのです。
テヘランのホテルに戻ってからキャプテンに聞かされたことは、「銃撃戦が静かになるのを待って合間を縫って着陸したんだよ」。
どうりですぐに着陸しなかった訳です。

その後12月に、東パキスタンがバングラディッシュとして独立したことを、私は新聞で知りました。

 

 


nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 7

めぎ

人生はどんな映画やドラマよりも劇的だなあ、と感じました。危険と隣り合わせのフライトもあったのですね。カラの飛行機で迎えに行き、銃撃戦の収まるのを待って着陸するというのは、想像を絶する設定ですね。
by めぎ (2007-08-13 05:31) 

Nicoli♪

銃撃戦の合間の着陸とは、
冷静でいなければいけない職業だけでに大変でしたね。
by Nicoli♪ (2007-08-13 09:31) 

rino

駐在員のご家族の方々は日本の飛行機が迎えに来てくれて本当にうれしかったでしょうね。
当時、日本を代表する航空会社の乗務員のプロとしてのお仕事と心意気が垣間見れるお話です。感動しました!
革命前のテヘランでの様子もとっても興味深いです。
私は95年冬~3年半をテヘランで過ごしました。
by rino (2007-08-13 13:34) 

noie

新聞やニュースで見たことを覚えています。
実際に乗務していらした方の体験談を読ませていただくと、
その時の緊迫感がすごい伝わってきます。
華やかな職業のようにと思っておりましたが・・・
まさに命がけですね。
ご家族もさぞかしご心配だったと思います。
by noie (2007-08-13 15:26) 

マダム・リー

華やかに見える国際線のCA。
でもいつどこでどんな状況に巻き込まれるか
わからないのですよね。
そんな時も、常に乗客の安全を考えなければ
ならない、たいへんな職業なんですね。
貴重な体験談、勉強になりました。
by マダム・リー (2007-08-13 21:36) 

もとこさん。

皆様、niceとコメント有難うございます。
私にとって過去の一瞬の経験でありますが、地球上には、今なお戦火の中で生まれ、生涯を終えて行く子供達が沢山いることを思うと、本当に心が痛みます。

rino様、私はイスラム革命後のイランは全く知りません。報道されることもほとんどないですね。いつか体験を綴って下さったら嬉しいです。
by もとこさん。 (2007-08-13 23:37) 

rino

>もとこさま
イランの経験は制約も多かったですがとっても楽しかったんです。
いつか綴れたらと思っています。
by rino (2007-08-14 09:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。