So-net無料ブログ作成
検索選択

39 アラスカへ! [あるスチュワーデスの思い出]

 

おぉ~~ アラスカ !   あぁ~~ Wasilla !!

アメリカ共和党の副大統領候補としてサラ・ペイリンさんが出現するまで、日本でアラスカが話題になることは多くはありませんでしたね。
ましてや彼女の根拠地の「ワシラWasilla」と言う地名が、日本のメディアにいささかでも登場するとは、思っても見ませんでした。

今、この季節に、アンカレッジの北約70キロのワシラへのドライブがどんなに素晴らしいか、普通そんなこと考えませんよね。

 

そこで・・・                      (アメリカの大統領選について論じようと言うのではありません)

 

あなたは今車の運転席にいます。

空は雲ひとつなく透明に輝いて、正面遠くには 左から右へ 真っ白に雪を被った山脈が連なっています。

あなたが時速120キロで走っているハイウエーは、多少上り坂で まっすぐに山に向かっています。 
行き交う車はたまにしかありません。

山脈の中腹より手前はあなたの目の前まで そして右も左も後ろも すべて黄金一色です。

どこまでも連なる 紅葉した白樺林。 短い秋の ほんの一瞬の光景です。 

 

30代の私は、ちょうど9月の今頃、こんな道をWasillaへ向かっていました。
当時人口約5000人の大して特徴もない(失礼!)この土地に、何か用事があった訳ではないのですが、何人かの仲間と一緒に、アンカレッジから日帰りでどこかへ行こう、と言うことになったのです。

Wasillaでは、ちょっと馬に乗ったり、湖の畔を歩いたり、何の変哲もない田舎のカフェで食事するくらいなのですが、 このドライブが魅力でその後も何回か行きました。  

 

        Alaska   U.S.A.

   001-2.jpg

                      Anchorage [右斜め上]           [左斜め上] Wasilla


 

               002.jpg

 

今ではヨーロッパ行きも、ニューヨーク行きも直行便ばかりになってしまいましたが、以前はアンカレッジに給油に立ち寄るのが普通でしたから、お客様が乗り降りしなくても我々乗員は始終アンカレッジ泊の乗務があったのです。

私はアウトドア志向ではないし、雄大な自然にあこがれて旅するタイプではないのですが、アラスカには強く惹かれます。その自然に、とい言うより、その自然の中に暮らす人々にでしょうか…
勤務で滞在するたびに、いつか絶対に家族と休暇を過ごしに来ようと思っていました。  

そして結局、あわせて3回、家族や友人と行きました。
最初は娘が4歳だった頃、そして最後は80になんなんとする伯父まで一緒に。

これから何回かに分けて、雪と氷の世界ではないアラスカ、花と緑と太陽の溢れるアラスカの思い出を綴ります。
どうか宜しくお付き合いください。

 


nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 8

Krause

アラスカの素晴らしさ、良く耳にしますが具体的にどんなところなのかお聞きすることができて、ますます行きたくなりました。しばらくは、アラスカのことで頭がいっぱいになりそうです。
by Krause (2008-09-15 06:42) 

rino

すごく楽しみです(^^)
アンカレッジと聞くと、昔、遠かったヨーロッパまでの道のりを
思い出します。そして、飛行機の中から見た真っ白の雪の山、
マッキンレー。
どんな所なのかワクワクしてきました(^^)
by rino (2008-09-15 06:51) 

もとこさん。

xml_xsl様、 mikosuke様、 nice!をありがとうございました。
by もとこさん。 (2008-09-15 22:45) 

もとこさん。

Krause様、そうです。私は30年間アラスカのとこで頭がいっぱい続きです。住みたいと思います。実際よそから(アメリカ本土から)来て住み着いてしまった人がすごく多いようです。
なるべく正しい情報をお知らせしようと思いますが、何せ最後に行きましたのが2001年ですから… 状況も変わっていることでしょう。

by もとこさん。 (2008-09-15 22:59) 

もとこさん。

rino様、アンカレッジ経由をご存知ですね。
温暖化があの真っ白の山々の光景を壊していないと良いですが…
記事楽しみしていらしてくださいね。
by もとこさん。 (2008-09-15 23:02) 

めぎ

ああ、アンカレッジ!
給油を待っていただけですが、なんと懐かしい響き・・・
ずっと昔、ラジオの英会話でアラスカが舞台になっていたことがありました。わくわくしながらテキスト読みました。(肝心のラジオ放送の方はちゃんと聞いてなかったんですが・・・あはは)
その頃から、いつかはアラスカに降り立ってみたいなーと思ってるのですが、未だ実現してません。
記事、楽しみです!
by めぎ (2008-09-16 18:41) 

もとこさん。

yin-yang様、nice!をありがとうございます。

by もとこさん。 (2008-09-17 09:52) 

もとこさん。

めぎ様もアラスカに関心おありなんですね。
ベーリング海峡85kmを橋とトンネルで結ぶと言う構想があるらしいですから、実現したらめぎさんの所から車で行けますよ!
それまで私のブログで我慢してくださいね。
by もとこさん。 (2008-09-17 09:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。