So-net無料ブログ作成
検索選択

フィリピン料理 ポーク&チキンアドボー [料理]

前回の「フィリピンの家族」の最後でお約束した料理の一つ目です。

フィリピンには日本のご飯にも馴染むおかずが沢山あります。 
このPork and Chicken Adoboは、母がお世話した一人目の学生クレメンのレスピーです。彼はホテルやレストランを経営する大家族の末っ子で、18歳にして料理にとても関心があり、ある日私の家族をお客にしてディナーパーティーをしようと言い出しました。それで私は彼から初めてのフィリピン料理の「レッスン」を受ける事になったのです。

この他に彼はシーザーサラダをショー的にお客の前で作って見せてくれました。それがとても楽しかったので、別の機会に書きます。

アドボーはこの時以来、家族に、お客様に、お弁当に・・・ と、我が家の定番中の定番になりました。

     adobostepdish.jpg  

一応の目安として調味料の分量も書きますが、お好みで甘くも辛くも酸っぱくもして、ご自分の味を作って下さい。

材料(3~4人分)
    豚スペアリブと鶏骨付き腿、合わせて800gぐらい
           (下の写真が880g、豚7個、鶏8本、計1180円でした。)
    生姜 大1片、 にんにく 2片   両方とも潰しておく
    醤油 50cc、 酢 60cc、 砂糖 少々(隠し味程度に)
    サラダ油 大匙2                

作り方
    1、鍋に油を熱して生姜とにんにくを入れる。
      香りがして来たら肉を入れ、強火で表面に軽い焦げ目が付くよう焼く。
    2、調味料と、水1カップほどを入れる。時々煮汁をかけながら中火で煮る。
      水分が半分以下になるまで煮詰めて出来上がり。

    ☆水の代わりに紹興酒を入れると更に美味しくなります。

       adobonewstep1.jpg   
        これくらいにしっかりと焼き目をつける。

              adobostep2.jpg
               煮始め

                     adobostepdone.jpg
                      出来上がり

 

☆ あちらではこれを煮汁ごと、白いご飯に載せていただきます。
   ご飯そのものが日本のものよりパラッとしてますが、日本のお米にも良く合います。

              adoborice.jpg
         日本のお米より細長い。粘り気が無く短時間で炊けます。 

☆ 私はこの作り方が美味しいと思いますが、フィリピンの人は1の工程をしないで
   いきなり2の工程、つまり全てを鍋に入れて煮るだけの人も多いようです。すごく簡単です。

☆ 一晩置くと味が滲みて更に美味しくなります。酢が入っているので冷めても良く、お弁当や
   ピクニックにも最適ですので、一度に沢山作る事をお勧めします。

 


タグ:料理
nice!(17)  コメント(27)  トラックバック(0) 

nice! 17

コメント 27

めぎ

美味しそう!
食材もドイツで簡単に手に入るものばかり。今度やってみますね!
by めぎ (2008-04-23 15:17) 

yin-yang

これは絶対おいしいです。ごはんにも合いそうです。こちらにもフィリピンのお米のようなものがあるので、そちらで今度試してみますね。
by yin-yang (2008-04-23 17:22) 

rino

骨付きの豚と鶏を両方入れるのですね!!
これは絶対に美味しいと思います。
先日、偶然、我家でも鶏だけで同じ調味料で
骨付き鶏とゆで卵のさっぱり煮を作りました。
肉を汁ごとご飯にかけるのはグッドアイデアですね!!
うちでもやってみます♪
by rino (2008-04-23 19:29) 

ada

鳥の骨付き肉だけでよく作りました、一度にたくさん作れて、おいいしいので、食べ盛りの子供たちがいたころは助かったのを思い出しました。にんにくと生姜がいいのですね。
by ada (2008-04-23 23:07) 

もとこさん。

めぎ様、ヨーロッパでもお醤油っぽいものに皆さん馴染んでいらしてるのでしょう?アジアは勿論、欧米でも作れるし受け入れられる料理かも知れませんね。
by もとこさん。 (2008-04-23 23:22) 

もとこさん。

yin-yang様,そう、同じ品種のお米でしょう。それがピラフやカレーに良いんですよね。是非お試しください。
by もとこさん。 (2008-04-23 23:25) 

もとこさん。

rino様、ゆで卵を入れるって良いアイデアですね。私もやってみよう!親子アドボーですね^ー^)
豚と鶏と両方いれると味が複雑になって良いですよ。
by もとこさん。 (2008-04-23 23:28) 

もとこさん。

ada様、食べ盛りには本当に重宝しますよね。
若者の口が多い時には私には生姜のかけらしか回ってこないので、ご飯に煮汁と味の滲みた生姜で食べるんですが、それがまた美味しいんですよね。
by もとこさん。 (2008-04-23 23:32) 

もとこさん。

xml_xsl様、Krause様、nice!を有難うございました。
by もとこさん。 (2008-04-23 23:34) 

michael

美味しそうですね。黒酢と紹興酒で作ったら中華風になりそう。この系味は大好きです。早速作ります。
by michael (2008-04-24 16:57) 

Krause

このような料理には、長粒米(インディカ)が合いますよね。拙宅でもカレーやアジア料理のときには、インディカ米を用います。
by Krause (2008-04-24 20:41) 

もとこさん。

Cap.michael、黒酢が合いますね。今回のも中華黒酢と紹興酒です。
フィリピンには中国系の人も多いので料理も中国系と南方系が混ざったような物が多いですね。それにスペイン、アメリカ、日本の影響もありますから多様です。
by もとこさん。 (2008-04-25 02:43) 

もとこさん。

Krause様、アジア料理には断然インディカ米ですね。
米不足の時に入って来たタイ米が不評でしたけれど、ただ見たいなお値段で売られていたので私は大喜びでしたわ。今は近所のフィリピン食材の店で買ってますが、コシヒカリ並みのお値段です。
by もとこさん。 (2008-04-25 02:54) 

きぃ*

うわ~ すごく美味しそうです!!!
by きぃ* (2008-04-25 07:05) 

もとこさん。

きぃ*様のところは、お子さんもご主人も食べ盛りでしょう?きっと受けますよ!お試しください。
by もとこさん。 (2008-04-25 11:01) 

hana

これはごはんにもいいし、ビールにも会いそうです。
今晩のおかずに決まりです!
買物に行って来まーす♪
by hana (2008-04-25 15:50) 

もとこさん。

hana様、早速?嬉しいわ!何度も温めなおして、煮詰まれば煮詰まるほど煮汁が美味しくなるので、お肉はビールと、煮汁はご飯にかけてなんて良いかもしれませんよ。
by もとこさん。 (2008-04-26 00:08) 

もとこさん。

月夜様、nice!有難うございます。
by もとこさん。 (2008-04-26 00:09) 

Mimosa

こちらのお料理も美味しそうですね~!
レシピや作り方を見てると、香りや美味しさまで伝わってきそうです。
簡単そうだし、今度、ぜひ作ってみますね!
by Mimosa (2008-04-26 01:57) 

もとこさん。

Mimosa様、こちらは一年中OK。長時間煮てある事と、塩分と酢のお陰で4・5日は裕に持つので、とても便利なおかずです。
by もとこさん。 (2008-04-26 12:10) 

マダム・リー

あぁ、これは美味しそう。
ご飯がすすみそうですね。
紹興酒を使ったら更にいいお味になりますね。
やっぱりビールを飲みたくなりそう。
by マダム・リー (2008-04-28 22:32) 

もとこさん。

マダム・リー様、そうなんです、ついついご飯を沢山食べてしまいます!

by もとこさん。 (2008-04-28 23:50) 

風船かずら

わたしにも出来そうで、今度作ってみたいです。
by 風船かずら (2008-05-05 11:55) 

noie

ご飯に醤油風味のたれ、大好物です。
明日、蛍イカを探しがてら、ついでにお肉も買ってきます。
お陰様で数日ご飯が楽しみになりそうです♪
by noie (2008-05-05 22:40) 

もとこさん。

Nicoli♪様、nice!有難うございます。
by もとこさん。 (2008-05-06 00:40) 

もとこさん。

風船かずら様、是非作ってみて下さい。お気に召すと良いけれど・・・
by もとこさん。 (2008-05-06 00:42) 

もとこさん。

noie様、醤油って偉大な調味料ですよね。
「数日ご飯が・・・」そう言っていただくととても嬉しいです♪
by もとこさん。 (2008-05-06 00:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る