So-net無料ブログ作成
検索選択

アラスカ夏紀行2 Denaliへ [旅日記]

アラスカの旅、まずアンカレジから北へと向かいましょう。鉄道地図.JPG

デナリ国立公園まで380km余り(東京ー大阪ほど)を、
展望車付きのアラスカ鉄道で7時間 かけて行きます。

冬は週一便になってしまうこの路線ですが、夏の間は
毎日運行されています。

ずっと緑の原野と豊かな森が続きますが、途中から
背の低い針葉樹が点在するようになります。
永久凍土ーツンドラ地帯に入ったのです。相変わら
ず緑一色ですが、違いがはっきりわかります。夏には
地表は解けるので植物が生えるのですが、その下が
通年凍っているので深く根が張れずに、大きくなれな
いのです。

車掌が絶えず車内を巡回していて、色々な案内や説
明をしてくれます。
窓からたまにムース(ヘラジカ)が見えることがありま
すが、最初に見つけた人にチョコレートムースが振舞
われます。

デナリまで車で行くことも出来ますが、国立公園の中
は自然保護の観点から、一般車両は入れず、公園の
バスツアーに参加する以外にありません。                    

                            フェアバンクス⇔アンカレッジ⇔スィワードを結ぶ
                                          アラスカ鉄道の路線図
   

    北米大陸の最高峰・デナリ山、標高6194m。

    以前は大統領名に因んでマッキンリー山と呼ばれていましたが、今は先住民の呼び名である
    “デナリ”=偉大なもの に改められています。
    この山を取り巻くデナリ国立公園は、四国全体と山口県を合わせた大きさだとか。
    国と州によって自然が手厚く保護されています。

   アラスカ鉄道.JPG
      ツンドラ地帯を行くアラスカ鉄道

 食堂車.JPG
    白いリネンがかかり、生花が飾られた食堂車

 車掌.JPG
     娘は太陽のような優しい顔の車掌さんに
        すっかりなついてしまいました。

広大な公園の自然動植物や地形を、丸一日かけて観察するバスツアーに参加しました。
キツネ、トナカイかムースのような動物、何種類かのクマ、ライチョウを見ました。
七色の地層が遥か彼方まで重なる巨大な屏風の様なクレーターや、刻々と光が変化して行くデナリの山も見ました。

地形学や生物学用語のちりばめられた英語の説明は、殆ど分からなかったのですが、天地創造の太初はかくや、と思わされる光景をしっかりと胸に焼き付けて来ました。

ところで、公園の中は車ばかりでなく、徒歩も自転車もだめです。
一台のバスがひたすら静かに静かに進み、止まる時には必ずエンジンを切ります。
要するに、自然界にない音も光も物体も、徹底して制限されているのです。
レストランも店もなく、ヒトの食料はボックスランチと温かいコーヒーがたっぷりとバスで運ばれます。 

そして公園の外には更に広大な自然が広がっていますから、こちらでは自由にアウトドアの活動を楽しむことが出来ます。
但し、キャンプサイトにはしっかりと留め金の付いた頑丈な金庫のような、箱があり、野外で食べたものの残りかすは絶対にこの中に捨てなければならないのです。放置すれば意図せずとも野生動物を餌付けすることになり、自然の生態系を崩すし、人間にとって危険なことにもなるからです。

 

私たちは一度も登山はしませんでしたが、ヘリコプターで氷河の上に降り立ちました。

  ラフトボート.JPG
ラフトでの渓流くだりでは、大人ばかりキャーキャー喜ぶので4歳の娘はうんざり顔です。
この時は本気で救命胴衣の必要な、かなり激しいラフティングでした。

  ラフト.JPG
        大きくなったらこの通りニコニコ顔です。 
               河川野生動植物探検隊みたいでしょう。

 

この後私たちは、数日前に7時間かけて汽車で来た道を、今度はセスナ機をチャーターして1時間半で帰りました。
その事はまた次回に。

ここまでがこの旅の中で最もアウトドアーっぽい部分です。

                      ・・・綺麗に撮れている写真は、全て夫の作品です・・・

 

 


nice!(14)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 14

コメント 11

Krause

アラスカには先住民が存在するのですね。もう少しアラスカについて詳しく調べてみよう。
by Krause (2008-09-25 05:59) 

めぎ

わくわくしますねえ♪
お写真がなくても、もとこさんのお話からたくさんの映像が浮かびます。
Krauseさんには、ぜひぜひアラスカへ行って新しい食と酒の文化を立ち上げていただきましょう!めぎは絶対にお邪魔します!もとこさん、会の発足大賛成です~♪
by めぎ (2008-09-25 08:09) 

rino

あらあら、何やら楽しそうなお話が進んでいるようですね・・
Krauseさまなら世界の人脈と農業、林業知識でこの地で新たな文化を
開拓できるかも(^^)ですね。面白そう~♪

旅のお話が始まるや否や、アラスカの魅力に取り付かれそうです。
そうそう!デナリでしたよね。すぐ名前をわすれてしまって・・(^^;)
ウ~ン、どうしても、見てみたい!!
たいしてアウトドアー派の人間でなくても旅は大丈夫かしら。
いや~、アラスカに行くまでには体力と精神力を鍛えておかねば!(^^)
アラスカの事で私も頭がいっぱいになりそうです。
by rino (2008-09-25 09:59) 

Krause

そうっと追記します:
「俺も行くから君も行け 狭い日本にゃ住み飽いた。 海の彼方にゃアラスカがある北北米大陸には多くの民が待つ」というスローガンとともにたくさんの日米国人ハイテク農業技術者を永住させ、アラスカには数多くの功績を残しながらも、その一方で恐怖政治による粛清を繰り返し「アラスカのスターリン、暴君Krause」と呼ばれ、後の教科書によるとアラスカは日米の傀儡国家だったと言わるかも・・・^^)。

by Krause (2008-09-25 20:21) 

もとこさん。

yin-yang様、xml_xsl様、mikosuke様、
nice!をありがとうございます。
by もとこさん。 (2008-09-25 23:20) 

もとこさん。

めぎ様、ありがとうございます。拙い文章から映像を浮かべてくださるなんて本当に嬉しいです。
人間の手になる建造物やお料理などの写真と違って、自然をどんなにたくさんの写真でご紹介しても、所詮、場所や時間の限定された一瞬の表情でしかないでしょう。それに比して人間の想像の世界は無限です。それなら私の見た光景を先入観として皆様に押し付けてしまうより、お読みくださる方の想像にお任せする方が良いと思って。

会の発足にご賛同ありがとうございま~す!
by もとこさん。 (2008-09-25 23:41) 

もとこさん。

rino様、私も特にアウトドア派ではないんです。
太陽と、爽やかな風と、緑が苦手な方には楽しめないかもしれませんが、そうでさえなければどなたも大丈夫ですよ。
by もとこさん。 (2008-09-25 23:53) 

もとこさん。

Krause様、そうですね、元々イヌイットその他の先住民がいたところに白人が入植して開発した土地ですね。でも私たちが行った様なところで先住民を見かけることはあまりありませんでした。
旅で接したここの住人の中には、アメリカ本土から旅行してきて好きになってしまい、終に移り住んだと言う人がたくさんいました。
by もとこさん。 (2008-09-26 00:53) 

もとこさん。

再びKrause 様、
「アラスカの新渡戸、名君Krause様」へ
いざ行かん、自然の懐へ。 
人の手の技を持ちて、神のみ手の技なる地へ、。
人の手の作りしもの、神の創りたもう万物と妙なる調和なす地へ。
by もとこさん。 (2008-09-26 00:55) 

Mimosa

アラスカの大自然、とっても魅力的ですね~。想像できないくらい、広大なのでしょうね~。
大自然の中でのアウトドア、楽しそうです・・・♪
by Mimosa (2008-09-26 02:11) 

もとこさん。

Mimosa様、そうですね、本当に魅力的です。
この地球上には、大自然も都市も、魅力的なところがたくさんたくさんありますね^-^
by もとこさん。 (2008-09-26 21:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。