So-net無料ブログ作成
検索選択

アラスカ夏紀行6 Kenaiへ [旅日記]


6月のキナイ川。夜中の1時頃です。
この辺りでは夏至でも太陽は地平線の下に沈みます。
けれど夕暮れがそのまま夜明けへ、残照が曙光につながります。 

1:00am.jpg

アラスカ州の最北端バローBarrowまで行けば、夏は84日間太陽が沈まず、冬は67日間太陽が昇らないのだそうです。そんな場所もあるんです。

ところで、キナイ半島の西半分を横断するこのキナイKenai川は、季節には世界の大物狙いが集まる所です。追うのは勿論キングサーモン。

スポーツフィッシングを楽しむには、釣り道具店などで入漁料を払いライセンスを買います。キングサーモンを狙うには、更に別の許可も必要です。
観光資源でもある鮭に関して、場所により多少違いがあるようですが、乱獲を避け資源を保護するために釣りの細かい規則があり、厳密に適用されています。
例えば、短い漁期が厳格に守られ、その期間も一日に釣って良いのは一匹だけ。もし最初に釣れた鮭が小さなもので、もっと大きいのを狙おうとおもったら、最初の鮭は川に戻さなければなりません。小さな物でも取り込んでしまったら、釣竿を畳まなければなりません。ですから大物を期待してそこそこの物を放してしまって、結局釣果なしで一日が終わることもある訳です。
また、どんなに大きな獲物でも、魚と人は一対一で格闘します。決して仲間が手伝ってはいけなし、リールも省力型の物を使ってはいけないのです。(あくまでもスポーツフィッシングの話です。)

私たちが行った時、このキナイ川の底にはセンサーが設置されていて、毎日遡上してくる鮭の数が種類別に自動的に記録される様になっていました。そしてそれらの数が翌日の新聞に出るのです。

 

最初の時はライセンスを買った釣具店で、B&Bも紹介してもらいました。
キナイ川のほとりの敷地に、経営者ご夫妻の住む大きなログキャビンと、2LDKのキャビンが2~3棟あり、その一軒を借りました。
ちょうど私たちが到着した時、他のお客が釣り上げた鮭を川の水際にしつらえてある炉で焼きながら、皆で食べている最中でした。
私たちが用件を言うより先に、“Salmon TERIYAKI!!  食べてこらん、美味しいよ” でした…
本当に美味しかった!  しっかり覚えています。


Ron's L.jpg

キッチン付きですから、友人が釣った大きな岩魚をオーブンで焼き、主人が海まで行って釣って来たおひょうはお刺身にして、私たち女性はスーパーで土地の新鮮な野菜を手に入れ…  
野趣溢れるディナーが出来ました。

RonDNR.jpg

そして、翌日主人の釣り上げたのは…
50ポンドの秤が一回りして、更に17をさしていますから67ポンド=30キロ超
近在で噂になったと、後日ホープのティトさん(「夏紀行4」に登場)から知らされる程の大物でした。

釣果た.jpg

後の処理は色々方法があります。
すぐに食べてしまう、冷凍や缶詰にしてもらって持ち帰る、剥製にして送ってもらうなど。
主人の釣果は冷凍して日本に持ち帰り、サーモンパーティーを開きました。
友人のは剥製になって5ヶ月後に送られてきました。 

ところで友人夫婦と主人が釣りに行っていた間、幼い娘と私はB&Bの広い敷地をお散歩したり、川のほとりで野の花を摘んだりと、二人だけの本当にのどかでゆったりした時を過ごすことが出来ました。

 

                                ☆☆ アラスカ、まだまだ続きます ☆☆

 

 

 


タグ:旅日記
nice!(17)  コメント(19)  トラックバック(0) 

nice! 17

コメント 19

xml_xsl

もとこさん。 さん、こんばんは、=(^。^)=
キナイ川の夕焼けから朝焼けに変わる光景、
うつらうつらしながら窓辺で眺めたいです!、
あぁ~*、憧れます!、(^。^)/
オヒョウ海底に張り付くとテコでも動かないやつ、
これも憧れです~*、(゜∇゜)
キング!、凄い!、かっこいい!、(^o^)
10年通っても未だ釣れない人が、たくさんおられると聞きました、\(^。^)/
by xml_xsl (2008-10-13 21:20) 

もとこさん。

xml_xsl様、こんばんは。
アラスカシリーズでは夫の写した写真も借用しているのですが、綺麗に撮れているのは全部彼ので、下手なのはみんな私!私は心のファインダーを持ってるからって憎まれ口きいてます。
様々な光景が、今でもはっきりと心に焼き付いていて、年中行きたいと思い出しています。
釣りにお詳しいんですね。お好きですか?
キングってそんなに難しいんですか?
この時初日に釣り上げたのが、友人の奥さんだったのですが、何ポンドか忘れましたが、やはりとても大きかったです。でも彼女は釣りするのが生まれて初めてだったんですよ。主人が二日目で。
きっと私たち一行はついていたんですね^-^♪
by もとこさん。 (2008-10-13 22:30) 

Krause

冬が長い分、夏至の頃の「夕暮れから夜明け」の雰囲気いいですね。一度現地で味わってみたいです。
by Krause (2008-10-14 04:17) 

めぎ

す、すごい大物!
持ち帰るのも重量制限が・・・と、重量制限に悩んだばかりのめぎは世知辛く考えちゃいましたわ♪ この量のサーモンパーティ、もりあがりそうですね!サーモンマリネをたらふく食べられそう。いいなあ。
それにしてもいいところですねえ。次の休暇はアラスカだ!と本気で思ってしまいそうです。ぜひ、太陽の沈まない夏に行ってみたいですねえ。でもきっと、冬にほとんど太陽が顔を出さない生活は、しんどいこともあるのでしょうね。ドイツはまだ昼があるから、それよりマシなんだわ・・・
by めぎ (2008-10-14 16:17) 

もとこさん。

Krause様、夏至は素晴らしいです!ず~っと夕焼けと朝焼けが続いて…
皆が寝静まった後に一人で海までドライブし、対岸の夏でも真っ白な山並みが染まって行くのを何時間も見ていたことがあります。
真冬も素晴らしいし、秋も良いけれど、一度だけ行くなら6月ですね。
by もとこさん。 (2008-10-14 20:21) 

もとこさん。

めぎ様、お帰りなさい。丹念にお読みくださって、コメントもありがとうございます。
重量制限! これも家族旅行の強みですね。3人分60kgまでOK。衣類などちょっとあるだけですから問題なし!
Krause様にも書きましたが、夏至の頃がお勧めですね。私は真冬もすごく好きですが、住むのは辛いかも…
by もとこさん。 (2008-10-14 20:38) 

もとこさん。

みほ様、yin-yang様、nice!ありがとうございます。
by もとこさん。 (2008-10-14 20:39) 

のの

(T▽T)美しいぃぃぃ・・・*
一度でいいから、白夜っていうものを体験してみたい!
太陽が沈まないっていう世界・・・・。
いや・・でも、1回でいいです(笑)
by のの (2008-10-15 07:26) 

mimosao

キナイ川の画像、神秘的です!
とってもきれい~♪
すっごいキングサーモン釣られたんですね!
もとこさんの手にかかったら
またまたおいしい素敵な料理になるんでしょうね~^^

by mimosao (2008-10-15 08:22) 

もとこさん。

のの様、自然の美と神秘は無限ですね!
沈まない世界、昇らない世界、一年中日照時間の変わらない世界… 
でも沈んでくれないとついつい睡眠不足になります>-<
by もとこさん。 (2008-10-15 21:52) 

もとこさん。

minosao様、切るだけで大変でした~~
ベニヤ板を買って来て俎板にしました。
輪切りで直径30cm、小さく切ったらつまらないので、そのままバーベキューの炉で焼きましたわ♪
by もとこさん。 (2008-10-15 22:01) 

もとこさん。

うさこ様、nice!ありがとうございました。
by もとこさん。 (2008-10-15 23:03) 

Mimosa

夕暮れの写真、とっても美しいですね~。夜中1時とは思えないです・・・。
1日、太陽が沈まない・・・とか、太陽が昇らない・・・という体験は今までなく、一度体験してみたいです!
by Mimosa (2008-10-16 01:48) 

rino

夕暮れが続いて・・そして夜明け。
美しいですね。
そうすると・・、真冬はどんな風に過ごすことになるんでしょう・・?
ご主人さまのサーモン!すごいですね。
何人分のサーモンになるんでしょうね。
家族だけではなく、何人かで行って、みなでお料理などするのも
楽しそうですね~♪
こちらのログハウスB&Bもいいですね。
ヨーロッパでも表示はいろいろでもB&Bあるのですね。
ドイツではzimmer frei に何度か泊まったことありますが、
たまたま普通の安ホテル(安くても清潔かつ、
1階のレストランでの朝食着きでしたが。)という雰囲気でした。
家族的な雰囲気のB&Bも探せばあるのでしょうね(^^)

by rino (2008-10-16 07:28) 

もとこさん。

Mimosa様、本当に自然は神秘的ですね。私も完全に一晩中沈まないのは体験したことないんですが…  行って見たいですね。

by もとこさん。 (2008-10-16 18:57) 

もとこさん。

rino様、…美しいでしょう?  
真冬…  アラスカでもこの辺りでは昼間が数時間ありますが、午後2時頃の夕日もなかなか良いですよ。そして冬は社交の季節でしょうか。
冬は冬でとても素敵です。でも来る日も来る日も夜ばかり… は、慣れるまで辛いかもしれませんね。
サーモンは、大勢招いてパーティーをし、皆さんに持って帰っていただいたきました。
私は外国のマーケットが好きですので、食料を買いに行ってお炊事するのもたまにならば楽しいです。ですからキッチン付きの一軒家を借りるなんて大好きです。

B&Bは、小さなホテルと変わらないものから、子供が独立して一部屋空いたからお客に提供する、と言ものまで色々ですね。
どこの国でも大都市ではB&Bそのものが少ない上、ビジネスっぽいのが多い様です。田舎に行けば行くほど家庭的なものが沢山あるように思います。
by もとこさん。 (2008-10-16 21:45) 

アールグレイ

1枚目のお写真、なんて素敵なんでしょう。
自然のおりなす、何ともいえない美に見とれてしまいます。
夕暮れから夜明けになるその光景、実際に見てみたいです。
大きなサーモン、さばくのもたいへんでしょうね。
でもいろんなお料理に、食べがいがありそうです^^
by アールグレイ (2008-10-17 08:17) 

もとこさん。

アールグレイ様、ありがとうございます。ずっと前に夫が写した写真を通して自然の美しさのひとこまを皆様に楽しんでいただけてすごく嬉しい。
サーモンは彼が嬉々としてさばき、バーべキューにしてくれましたが、た~いへんでした!
by もとこさん。 (2008-10-18 00:56) 

もとこさん。

COCO様、ミラノ様、ご訪問、nice!、ありがとうございます。
by もとこさん。 (2008-10-18 00:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。