So-net無料ブログ作成
検索選択

アラスカ夏紀行8 Homerにて [旅日記]


アンカレッジから370km、海沿いの崖の上を走ること約180km。
ハイウエーの終着点がホーマーHomerです。

spit.jpg
         ホーマーから見た砂洲 Homer Spit。

                        道は砂洲の先端まで延びていますが、road.jpg
     それ以上走りたければ、カチェマック湾の水中を行くしかありません。 

                           砂洲の船着場。 pier.jpg
             向こうの丘の上からこちらを写した写真が一枚目のものです。


 

アラスカは鉱物資源の宝庫でありますが、漁業も大変重要な産業のひとつです。
魚種も豊富ですが、ここでの水産漁獲量は世界で10位に入り、アメリカの60%を占めている。しかも、養殖が州法で禁じられているので、アラスカで取れる魚介は全て天然物です…  と、これはアラスカ政府日本支局のHPからの情報ですhttp://www.alaska.or.jp/index2.html

そのアラスカでホーマーはスワードと並んで漁業の盛んな所ですので、日本の漁業関係の方々とも縁の深い土地でしょう。

砂洲には観光釣り船の案内所や桟橋が並んでいます。
ここはオヒョウ(halibut)釣りの有名な基地なので、世界中から畳大の獲物を得ようと人々がやって来るのです。
夫も朝早く起きて勇んで出て行きましたが、海が荒れて釣りどころではなかったとか。船に乗り合わせたアメリカ人の大男たちが船酔いでデッキの床から起き上がれないほどだったそうです。

また砂洲は、木や、動物の角や骨で作られた工芸品や生活道具、魚に因んだものなどを扱う店や海鮮食堂などもあり、釣りをしない人々にも楽しい場所です。

gift shop.jpg ムースの角や木彫りの鮭の飾られた ギフトショップ

 

おひょう.jpg
     釣れた魚を処理する工場もあります。

ここでの料理方法は日本やヨーロッパと違って、とてもシンプルでした。塩、バター、レモンの味付けで、直火で焼いたりソテーしたりが殆どでした。

 

お宿は丘の中腹の一軒家を借り…

青い家.jpg

 

青い家食卓.jpg 青い家LR.jpg
青い家とは別の一軒家の内部

外から見たら質素に見えても、中はどの家もとても素晴らしい。
キッチンやバスルームも近代的で快適です。
この家に泊まった時、夕方庭に野生のムースが訪ねて来ました。

moose.jpg
この写真は別の所のものです。
もっと近かったのに写真が間に合わなかったのです。

丘の更に上の方ではこんな豪華なB&Bにも泊まりました。

Gail garden.jpg 
華やかで社交的なマダムと、物静かで控えめなご主人の家です。

Gail LR.jpg
   朝食はこんな部屋でいただきました。

果物、シリアル、ホームメイドのマフィンやシナモンロール、
野菜のフリッタータ、卵料理にソーセージ…  

  庭には水着で入る露天のジャグジーまでありました。
GZY.jpg
             遠くに砂洲が見えるのが分かりますか?

翌日に船で行ったSeldoviaは、砂洲の対岸遥か先です。

 


タグ:旅日記
nice!(18)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 18

コメント 14

Krause

家の屋根が低いのは、防寒対策の一つでしょうか。
by Krause (2008-10-28 10:58) 

xml_xsl

もとこさん。 さん、こんにちは、=(^。^)=
砂州は緩やかなカーブで括れ、
平坦な穏やかな光景を生み、きっと漁港を備え、
とても心晴々させてくれますね!、\(^。^)/
ジャグジーで砂州を眺められる、なんと魅惑の体験!、
いいなぁ~* ♪、(゜∇゜)
by xml_xsl (2008-10-28 15:33) 

めぎ

ああ、こういう形のコテージ、アメリカって感じですね~場所は全く違うけど、ハワイ島でたくさん見かけ、こういうところに泊まりました。気持ちよかったなあ。中は本当に快適にできてますよね。
養殖が禁止されているとは面白いですね。自然のままにしておいてくれているのはこの辺りの景観にとって幸運ですね。
by めぎ (2008-10-28 16:51) 

rino

ほんとう!B &Bは見かけに比べて中は快適そうですね~
ゆっくりと滞在したくなるような宿ですね。
雪山が見える砂州、すばらしい眺めです。それを眺めながらの
ジャグジー!夢のようだわ~
夜中に野生のムースがやってきたんですね。本当に自然の中の
旅ですね(^^)
by rino (2008-10-28 19:38) 

もとこさん。

Krause様、そうですね、低く見えますね。
きっと家自体の底面積が大きいからだと思います。実際は決して低くはないんですよ。
by もとこさん。 (2008-10-28 22:33) 

もとこさん。

xml_xslさん、こんばんは。
穏やかな光景…  ああ、、そうお感じになりますか!!!
そうなんです。ホーマーはアラスカの中で、地形も気候もとても穏やかなところなんです。
短期間の表面的な接触ではありましたが、人々も最も飾らず穏やかなのはここだったかも知れません。尤もどこでもおおらかで穏やかでしたが…
by もとこさん。 (2008-10-28 22:52) 

もとこさん。

めぎ様、こう言う家とかトレーラーハウスみたいなのどこに行ってもありますよね。外からはあまり豪華ではないけれど、中は快適で。

養殖の必要が無いほど沢山取れるって言うことなのでしょうかね。それで世界で10番以内なんてすごいですね。
日本の漁業者も随分行っているようです。
by もとこさん。 (2008-10-28 23:01) 

もとこさん。

rino様、キッチン付きだと気分的に楽です。まさか毎回お炊事なんかしませんが、いつでもお茶できるし一月くらい借りていたくなります。
ムースの大好物のファイヤーウィードって言うピンクの花が庭に沢山生えていたんです。それで食事にやって来ていたみたい。
by もとこさん。 (2008-10-28 23:09) 

もとこさん。

mei様、nice!をありがとうございます。
by もとこさん。 (2008-10-28 23:10) 

Bonheur

もう言葉が出ないほど雄大ですね。
ジャグジーから見える砂洲、絶景!! 旅好きな自分は、このような場所を知らずに死ぬのは損だな、と思います。いつか行けたら良いなあ。
by Bonheur (2008-11-02 18:16) 

もとこさん。

皆様、ご訪問とnice! ありがとうございます。

by もとこさん。 (2008-11-02 23:24) 

もとこさん。

Bonheur様、雄大且つ繊細、人も自然も素晴らしいです。是非いらしてください。決して遠くはないです。
by もとこさん。 (2008-11-02 23:28) 

mami

お越しいただきnice!を、ありがとうございました。(_ _)
by mami (2008-11-04 06:14) 

もとこさん。

mami様、こちらこそ、ありがとうございました(^-^)
by もとこさん。 (2008-11-04 08:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。