So-net無料ブログ作成
検索選択

Happy Retirement [あるスチュワーデスの思い出]

先日のクラシックジャンボ引退のニュースから、久しぶりで先週CA時代の思い出を書きました。
これをきっかけに、冗漫な昔語りに終止符を打とうと思います。
始めと終わりの事を簡単に書かせていただき、これを最後に致します。

長い間40~20年も前の話におつきくださいまして、有難うございました。

 

1969年のおんぼろ訓練所での訓練開始から、途中で完成したハイテクシュミレーションを備えた訓練センターに移り、ジャンボ第一機就航の年に私も一人前になって飛び始めました。
狭くて古い羽田空港から10年間フライトし、後の10年は成田新東京国際空港!からの乗務でした。
両空港とも、その後進化に進化を遂げ、私は今たまに行っても、当時のオフィスがどこにあったのかさえ分かりません。
世界の空港が移転、改築で立派になり、かつての慣れた土地に旅行するにも迷子になるばかりです。

大雑把に言ってですか、何事につけ世界的な流れは自国趣味を押し出すより、国際的な方向に向いているようですが、機内で働くCAも、多くの航空会社で様々な人種がサービスに当たっていますね。
私が退職した1990年前後がその変わり目だったのでしょう。今ではどのエアラインのフライトに乗っても、どの国の飛行機か分からなくなりましたね。
安全で快適であれば、それが何よりです。

私的な事も少し…
アラサーというよりは充分にアラフォー、と言われる歳になってから結婚し、娘が三歳ちょっとになるまで飛んでいました。

     お相手はお客様だった大富豪? それともcool!なパイロット?

残念でした! 地味に、家庭ぐるみ親しかった幼馴染です。(あらっ、○○○ちゃんごめんなさい)

最後のサンフランシスコへのフライトには、母が早くから自分と孫のチケットを買い込み、娘を連れて乗って来てくれました。
機内で娘に「おかあさ~ん」と呼ばれるので、制服姿の私は母たちの席に近づくことがはばかられました。
後で、ほんとの親子とはご存じない隣の席のお客様に「実は… 」とお話しすると、「人懐こいお嬢ちゃんだなと思ってましたよ」とニコニコして言ってくださいました。

002.jpg

 

 

 

 クルーのおねえさんの

 帽子をお借りして。

 

たった数ヶ月で辞めるスチュワーデスでも最後のフライトの終わりには必ず涙を見せるものです。
それなのに私は嬉しくて、ニコニコで、ねぎらってくださった同僚や上司は物足りなかったのではないかしら。
だって数えきれない良き思い出と経験を得て、これからは毎日幼い娘や家族と一緒にいられる、新しい仕事が私を待っている、そして、365晩、体を水平にして眠れる、 と思うと嬉しくて嬉しくて…

003.jpg

 

かつてのお客様、上司、同僚の皆様、
そして安全運行を支える全ての方々、
今更ながら、有難うございました。

このシリーズをお読み下さった
読者の皆様、
有難うございました。

 

 

               。。。~。~。~☆。☆。☆~。~。~。。。

料理に関する記事の殆どを、「世界の家庭料理を作って食べる会」 のブログhttp://corner-house.blog.so-net.ne.jp/ に、順次移させていただいております。
カテゴリーは「世界のお惣菜」と「私のレスピーブックより」です。
「Lilca Days 世界は私の学校」 とあわせて、そちらも宜しくお願いいたします[黒ハート]


nice!(13)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 12

めぎ

あら、終わってしまうのですね・・・淋しいな・・・
真剣にお仕事をなさってきた方のお話は、とても柔らかく書かれているのに、いつも心の奥底に染み渡っていくような広がりがありました。
最後にお母様とお嬢様が搭乗なさったとは、とっても素敵ですね。お二人にとってもきっと素晴らしい思い出になっている事でしょうね。
by めぎ (2009-08-10 05:14) 

rino

このシリーズ終わってしまうの私も寂しいです。。。
SW憧れ世代の私なのでお話うかがうのを楽しみにしていました。そしていつもとても勉強になるお話ばかりでした。
でも、また世界のお話、折々にお聞かせくださいね♪
長い間大変なお仕事されていて、今度はお嬢さんの側にいられる・・というところ、もとこさんのお母様としてのお気持ちがよくわかります。一生懸命お仕事されていたお姿お嬢さんに見ていただいて良かったですね!
by rino (2009-08-10 05:59) 

もとこさん。

xml_xsl様、nice!有難うございます。


めぎ様、そんな風に言って頂いて… はにかんでしまいますね。過分なお褒めお言葉、素直に嬉しいです。
母が娘を連れて乗ってきてくれたことは、私本当に幸せだと思いましたし、同僚たちに羨ましがられましたわ。


rino様、楽しみにしていてくださったなんて、嬉しいです。数々のコメントを有難うございました。
大昔のことなのに、ありありと目に浮かぶことが沢山ありますので、機会がありましたら他の話題の中でも触れることがあると思います^-^


by もとこさん。 (2009-08-10 20:03) 

Krause

私も、このシリーズが終わってしまうのは残念!今後もすこしづつ続けられてはいかがでしょうか?
昨年、ソウル出張時の往路の機材がこのクラシックジャンボでした。だいぶ古びれていましたが、しっかりと作られた飛行機ですね。しかし、しっかりと作ってしまうと重くなってしまい燃費などに負担がかかってしまう。そして3人体制を考えると人件費もかかり、今の時代に合わなくなっているのがなんとも残念です。
by Krause (2009-08-11 04:27) 

mei

笑顔で終わられた最後のフライトだったのですね。
お嬢さん、良い思い出になっているでしょうね(^^)。
by mei (2009-08-11 10:43) 

もとこさん。

mikosuke様、yin-yang様、nice!有難うございます。


Krause様にもそう言って頂いて… 有難うございます。 
何かに関連してまた話題にすることもあると思います。どうぞ宜しく。
私が飛び始めた頃は、航海士ナビゲーターがいましたから、四人体制だったのですよ!!  
時代の流れを感じます。
by もとこさん。 (2009-08-11 21:06) 

もとこさん。

mei様、私結構涙もろいくせに、こう言うところでは涙出ないんですよね。
娘は何となくおぼろげに憶えているみたいですよ。
by もとこさん。 (2009-08-11 21:09) 

もとこさん。

U3様、何て愛らしい仔犬のアイコンでしょう! 拝見しているだけで私まで心が澄んで来るみたい。おおげさに聞こえるかも分かりませんが、それほど強い印象を受けました。
しかも100人目のnice!です。有難うございます。
by もとこさん。 (2009-08-12 01:41) 

風船かずら

どんなふうにスチュワーデスの仕事をなさってきたのか、記事を読んで、よくわかりました。素晴らしい仕事をなさってきたのだと思います。りタイァしてからの生活も、わたしにはとてもはるかに追いつけないですが、凛とした姿勢のわずかでも見習いたいと思いました。
by 風船かずら (2009-08-14 12:02) 

もとこさん。

SORI様、ponchi様、うさこ様、nice!を有難うございます。


風船かずら様、いつもお読み下さって、コメント有難うございました。
私は気楽に楽しくフライトしてきただけですのに、色々な経験をさせていただきました。支えてくれました家族にも感謝しています。
by もとこさん。 (2009-08-14 21:14) 

きぃ*

もとこさん。
泣けました。何度読ませてもらっても。
実はウチの娘はCAになるのが夢なのです。
小学校5年生からの夢で、今はただひたすら
まだ高校生の身であるにも関わらず、CAの講座が
あれば大学生に混ざって、遠い会場まで聞きに行ったり
先日の成田空港でも、CAさんの制服を見るだけで
「どこそこ航空の方だ」と言うほどです。
だけどあの子は身長が152だから、本人にも
あきらめるように、言っています。
空を飛ぶ仕事には夢を感じます。
また折がありましたら、お話聞かせてくださいね。
ありがとうございました。
by きぃ* (2009-08-15 16:08) 

もとこさん。

きぃ*様、泣かれるほど何かをお感じくださったとは嬉しいです。 願わくばよきことでありますように。
お嬢様ずっと夢を持ち続けるって素晴らしいことですね。今、どこのエアラインも身長の規定ってあるのでしょうか…  身長よりも健康! 頑丈な心と体だと私は思います。そして人間を、人間社会を、無限の自然を愛する心だと思います。
それがあればCAであろうと他の仕事や立場であろうと、楽しんでなおかつ多くの物を得ることが出来ると思いますよ。
どうぞこれから世にお出になるお嬢様に、どんな仕事でも人生でも、その種類や長さに関係なく、多く学び、想像力と創造力を以ってはつらつと生きて行かれるようにお伝え下さい。
by もとこさん。 (2009-08-16 09:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る