So-net無料ブログ作成
検索選択

地球と言う大きな船 [日記]

イスラム世界が揺れに揺れています。

中東、北アフリカ地域に関心を持っていましたので、大変気になります。
なにより、子供の頃から親しんできた聖書の舞台でありますし、
日本と大きく異なるであろう文化、政治体制や気候風土はとても不思議で、想像を掻き立てられます。
ですから、行ってみたい、人々と接してみたい… とずっと思っていました。

乗務員として滞在するのは数日ですので、繰り返し行ったとは言えほんの表面を垣間見ただけではあります。けれどそれなりに感じるもの、知り得るものはたくさんありましたので、入国するにも滞在するにもある程度緊張せざるを得ない乗務先でしたが、私はこのフライトが大好きでした。

「あるスチュワーデス々の思い出」シリーズで、これらの国での話題をいくつか取り上げ
ましたので、それぞれの土地での話題に興味お持ち下さる方はそちらをご覧ください。
http://lilac-days.blog.so-net.ne.jp/2007-08-06-1
http://lilac-days.blog.so-net.ne.jp/2007-11-17
http://lilac-days.blog.so-net.ne.jp/2008-02-23
http://lilac-days.blog.so-net.ne.jp/2008-03-01
その他

当時(2・30年前!)表面的には穏やかだったそれらの都市は、今どうなっているのでしょうか。

エジプトは主要な産業の一つが観光ですから、観光客が比較的安全快適に滞在できるところでした。中東・湾岸諸国の多くは(当時は)観光客が行く場所ではありませんでした。でも、土地の人々も、日本を含む外国の駐在員も、私たちの様に仕事で数日滞在する者も、普通に生活し仕事していたのです。
けれど連日テレビの画面に映し出される映像は、あの市民生活があった広場とはどうしても重ねることの出来ない光景ばかりです。
そしてもっと東、イラン、パキスタン、タイなど、ここ数十年の間に大きな政治体制の変化がありました。
表面的、一時的には平静を保てても、力を以って人々を永遠に抑圧し続けるはのは不可能なことでしょう。
でも、今回一気に爆発した(爆発しつつある)エネルギーはどこに行くのでしょう… 
本当に人々が解放されて生活も精神も豊かな方向に向かわなければ、犠牲となった魂は救いわれないのではないでしょうか。のみならず、更なる犠牲が積み重ねられることでしょう。
日本も地球と言う大きな船に乗っていて、この船全体が今、大きな歴史の流れの中にあることを実感します。
この船のなかで日本はどんな役割を果たせるのでしょうか… 
そして日本自身の抱えている様々な病理的な状態をも、どの様に解決することが出来るのでしょうか…

 

以下、湾岸諸国とエジプト、パキスタン、イスラム革命前のイランでの写真をいくつか掲載します。
今はこんなにのどかに見物したり買い物したりなんて、絶対に出来ないのでしょう。でも、私たちは危険なら行かなければ良いのですが、そこに住んでいる人々はどうしているのでしょうか…

 8525163.gif

 KCH 005.jpg       

 22.jpg

 KCH 009.jpg      

     8867230.jpg

8867183.jpg

写真がめちゃくちゃでしょう?
もっと小さくしたいのに、下書きで縮小しても反映されません。
醜い画面ですが、ごめんなさい、このまま公開します。

 

 


タグ:日記
nice!(10)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 7

めぎ

本当に、連日ニュースを見聞きするたびにやりきれない気分です。
行きたいと思っていたところにしばらく行けそうになくなったり、今いるここもいつどうなるか分からないのだろうな、日本だってどうなるか分からないんだよな・・・と思ったり。
しかしまた、テレビでクローズアップされる映像はほんの一部。
マスコミに操られないようにしたいな、と常々思ってます。
by めぎ (2011-03-06 08:02) 

rinochi

先日、冷戦の終結を題材にした小説を読みました。長い年月をかけた人々の想いがエネルギーと化し、それが盾となり体制が崩壊していく様を改めて読み返し、今の中東の情勢と重なり合わせました。きっといつか世界が変わっていくのだと思いました。それまでにどんなに命が犠牲になることでしょう。それを思うとやりきれません。イデオロギーや宗教が一部の人の幸せのために君臨するのではなく、政治とは切り離されて考えられるべきものなのでは、と思います。やはり独裁政治は保身のために欺瞞でいっぱいになる。ニュースを見るたび、どうにか苦しんでいる人々が自由になれますようにと願うばかりです。
もとこさんの世界の写真、今となってはとても貴重ですよね!また時々載せてください♪
by rinochi (2011-03-06 15:06) 

krause

私が大学生だった30年くらい前から、中東情勢は不安定でした。その頃から、いろいろ議論をしましたが、少なくとも近未来には悲観していませんでした。しかし、事実は複雑ですね。
by krause (2011-03-06 19:01) 

chunta

中東は今や 火薬庫に火の入った様相
確かに 不安定ではあるけれど
これを機に 独裁政権が倒れると良いね
恐怖政治の中での平和なんて
やはり 好ましくは無いもんね
by chunta (2011-03-06 23:49) 

もとこさん。

皆様、「地球と言う大きな船」に、コメント、nice!、ありがとうございます。

中東ばかりでなく、日本がすさまじいことになりました。
皆様とご家族・ご親族様、ご無事でいらっしゃいますか?
なくなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
災害に遭われた全ての方々に心からお見舞い申し上げます。
中東のニュースも、ニュージーランドのニュースも途絶えてしまいましたね。どうかそれらの国でも皆さんお元気であられますように。良き方向に向かいますように。

めぎ様、rinochi様、krause様、chunta様、
コメントありがとうございます。お返事できずにごめんなさい。
私たちは人も物もみな無事なのですが、とても憂鬱で… 色々考えることが出来ません。
皆様、どうぞご無事で。お元気で。 
by もとこさん。 (2011-03-13 23:48) 

プランツマーケット

私も、中高大とミッション系の学校へ通ったので、聖書を通じ地名など馴染みがあります。
大きなこの船が、沈没または座礁しません事を切に願うばかりです。
by プランツマーケット (2011-04-07 23:32) 

もとこさん。

プランツマーケット様  このページを書いた時には、五日後にこのような災害が起こるとは知る由もありませんでした。
日本がこのかけがえのない大きな船を座礁へと導く事のないよう、ひたすら願っております。
by もとこさん。 (2011-04-12 19:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る