So-net無料ブログ作成
検索選択
私のお宝シリーズ ブログトップ

40年愛用の料理の本・・・背景には驚きの事実が! [私のお宝シリーズ]

本屋さんの棚には実に様々な料理の本が並んでいますね。
超豪華なもの、細分化され専門的でありながらファッション的で素敵な本、読み物的なもの…
持っているだけですごく料理が上手になったような気がしますし、私も大いに楽しんでいます。
けれど…  最も長く、且つ頻繁にページを開くのがこの本です。

多分1970年代の初頭にサンフランシスコで買ったものだと記憶しています。
cookBook.JPG

私に、欧米の食を取り巻く生活に親しむきっかけを作ってくださったメアリー夫人がいつも見ていらしたので、自分がアメリカに行くようになった最初の頃に買ったものです。(彼女については「あるアメリカ婦人の思い出」でご紹介しています。)

内容は、オードブルからデザートまで、スナックやお菓子、保存食、飲み物を含む、おびただしい数のレスピーとバリエーション=それらは決してアイディア的なものではなく、基本をしっかりと踏まえた料理プラス、ベティークロッカーさんの開発した様々なメニューです。
そして食材の基本的な扱い方、各種肉の部位について、またその焼き方切り方サービスの仕方。計量の仕方、道具の話、料理用語の解説、献立のヒントと、およそ家庭の食生活に必要なすべてが過不足なく盛り込まれています。

パイ工程.JPG
パイ皮を捏ねて、延ばして、中身をめて、ふち飾りをして…  
飾り方のバリエーションも示しています。

表紙裏.JPG

また、究極の使い易く無駄のない編集です。
表紙の内側にはハーブとスパイスのリストがあり、「スープ」、「魚」…などの項目はインデックスつきの硬いページで区切られ、簡単に開くことが出来ます。
また、私が最も評価し、私自身の料理の本の製作にも採用させていただいたのが、巻末の索引です。
扱っている全ての食材を、料理名ではなく食材の名でアルファベット順に並べているのです。
この索引があることによって、例えば、今日は鶏肉がセールだったので多めに買ったけどどうしようか… と思ったとき、「チキン」を引くと、オードブルからスープでもメインディッシュでも、この本に載っている鶏肉を使ったあらゆる料理の名前とページを知ることが出来るのです。
料理の本として当たり前の様に思えますが、日本のものでこのような索引があるものは殆ど見たことありません。

日本の料理の本は殆ど写真で占められていますが、欧米の本はそうではありません。特にこの時代の物は平均的なページがこのようです。
平均ページ.JPG

左右のページで合計七種類のケーキと二種類のソースの作り方が出ています。
これではどんな料理か想像し辛いのは事実ですが、材料や作り方を見れば分かりますし、自分の想像力と創造力を発揮する余地が沢山有るのです。

sukiyaki.JPG

このページが何の料理の作り方か分かりますか?

この本の唯一の日本料理、SUKIYAKIです!

 材料は…
   牛ステーキ肉、マッシュルーム、
   長ねぎ? 玉ねぎ、セロリ、筍、
   ほうれん草、
   牛のだし汁、醤油etc

説明を読むと…  「日本では割りほぐした卵を入れた小鉢が添えられ、熱い肉や野菜を浸して食べる。
もしtofuが手に入ったら、3丁を1インチ角に切って割り下に加える。」

この時代、
日本の外国料理も斯くの如し…
懐かしいです。 

 

私は、この素晴らしいロングセラーをお書きになったベティー・クロッカーさんは、古き良きアメリカを代表する国民的な家庭料理研究家なのだ!! 
と、今の今まで思っていました。

   ところが… 

この記事を書くに当たって、彼女について調べました

Betty Crocker とは…  実在の人物ではないのです!!!

アメリカの大手製粉会社が消費者から寄せられるパンやケーキ作りに関する質問に答えるのに1921年に創造した仮想のキャラクターだったのです。

彼女は製粉会社の女性社員からの募集で決められた字体で消費者への回答にサインし、ある女優が演じてテレビやラジオに登場し、1945年にはフォーチュン誌でアメリカで最も人気のある女性の№2に選ばれました。(ちなみに№1は時のファーストレディー、エレノア・ルーズベルトだったそうです。)

1930に最初のレスピーブックが出されました。

1936年には彼女の「顔」が決められました。
それは実在のモデルに拠るものでは無く、アメリカの、聡明で面倒見の良い主婦の「顔」として合成して造られたものです。ですから時代と共に変化します。
現在の顔は様々な背景と年齢から成る75人の実在の人物の顔の合成なのだそうです。そしてその肖像写真が本の裏表紙に印刷されています。
これを見れば、誰でもこの写真の女性が著者であるベティークロッカーさんだと信じて疑わないでしょう。私も今の今まで何の疑いも持ちませんでした。

でもこれはアメリカ人なら誰でも知っていることなのかしら… ちょうどサンタクロースの事を誰でも知っているように。

Betty Crocker's COOKBOOKとして1950年に第一版が出版され、現在のものは2005年に出された第十版です。そして私のは1969年の第四版です。
ちゃんと1968年に登場したベティーさんの新しい顔写真が載っています。

ベティー.JPG
私のベティーさん

 

 

企業が一つの人格を造り出して消費者と人間関係を結んで行くと言うだけでも、私は面白い発想だな~と思いましたが、それがかなり国民の中に浸透していて、1921年から現在に至るまで健在であるとは! 
あの多種多様な人々から成り、それぞれの州が日本の県などの比ではないほど独立しているアメリカでこのような現象があるとは!!全く驚きでした。

どなたか、アメリカ市民の間でどのくらい知られている本、又は「人」なのかご存知でしたら教えてください。

★★ SUKIYAKIについて追記しました。 28日昼 ★★

 

 


nice!(20)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
私のお宝シリーズ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。