So-net無料ブログ作成
検索選択

地球と言う大きな船 [日記]

イスラム世界が揺れに揺れています。

中東、北アフリカ地域に関心を持っていましたので、大変気になります。
なにより、子供の頃から親しんできた聖書の舞台でありますし、
日本と大きく異なるであろう文化、政治体制や気候風土はとても不思議で、想像を掻き立てられます。
ですから、行ってみたい、人々と接してみたい… とずっと思っていました。

乗務員として滞在するのは数日ですので、繰り返し行ったとは言えほんの表面を垣間見ただけではあります。けれどそれなりに感じるもの、知り得るものはたくさんありましたので、入国するにも滞在するにもある程度緊張せざるを得ない乗務先でしたが、私はこのフライトが大好きでした。

「あるスチュワーデス々の思い出」シリーズで、これらの国での話題をいくつか取り上げ
ましたので、それぞれの土地での話題に興味お持ち下さる方はそちらをご覧ください。
http://lilac-days.blog.so-net.ne.jp/2007-08-06-1
http://lilac-days.blog.so-net.ne.jp/2007-11-17
http://lilac-days.blog.so-net.ne.jp/2008-02-23
http://lilac-days.blog.so-net.ne.jp/2008-03-01
その他

当時(2・30年前!)表面的には穏やかだったそれらの都市は、今どうなっているのでしょうか。

エジプトは主要な産業の一つが観光ですから、観光客が比較的安全快適に滞在できるところでした。中東・湾岸諸国の多くは(当時は)観光客が行く場所ではありませんでした。でも、土地の人々も、日本を含む外国の駐在員も、私たちの様に仕事で数日滞在する者も、普通に生活し仕事していたのです。
けれど連日テレビの画面に映し出される映像は、あの市民生活があった広場とはどうしても重ねることの出来ない光景ばかりです。
そしてもっと東、イラン、パキスタン、タイなど、ここ数十年の間に大きな政治体制の変化がありました。
表面的、一時的には平静を保てても、力を以って人々を永遠に抑圧し続けるはのは不可能なことでしょう。
でも、今回一気に爆発した(爆発しつつある)エネルギーはどこに行くのでしょう… 
本当に人々が解放されて生活も精神も豊かな方向に向かわなければ、犠牲となった魂は救いわれないのではないでしょうか。のみならず、更なる犠牲が積み重ねられることでしょう。
日本も地球と言う大きな船に乗っていて、この船全体が今、大きな歴史の流れの中にあることを実感します。
この船のなかで日本はどんな役割を果たせるのでしょうか… 
そして日本自身の抱えている様々な病理的な状態をも、どの様に解決することが出来るのでしょうか…

 

以下、湾岸諸国とエジプト、パキスタン、イスラム革命前のイランでの写真をいくつか掲載します。
今はこんなにのどかに見物したり買い物したりなんて、絶対に出来ないのでしょう。でも、私たちは危険なら行かなければ良いのですが、そこに住んでいる人々はどうしているのでしょうか…

 8525163.gif

 KCH 005.jpg       

 22.jpg

 KCH 009.jpg      

     8867230.jpg

8867183.jpg

写真がめちゃくちゃでしょう?
もっと小さくしたいのに、下書きで縮小しても反映されません。
醜い画面ですが、ごめんなさい、このまま公開します。

 

 


タグ:日記

スペインでの夏休み [日記]

娘がまだ小さかった頃、ひと夏、スペインはマラガの海岸に住んでいた友達の所に転がりこんでいました。地中海に面し、晴れた日には対岸にアフリカの見える村です。

                            

好運なことに滞在中に夏祭りの一週間がありました。

近郊の町や村から、沢山の人々がマラガの中心地を目指してやってくるのですが、ヨチヨチ歩きの子供からお年寄りまで、女性はみんなカラフルなドレスを着ています。そしてあちらこちらの街角や広場で踊り狂うのです。

後ろにドレスの裾をからげたセニョリータを乗せたオートバイ達が、いっせいに町を目指して走ってゆく様子の、何とものどかでユーモラスなこと。バスの中も、町の角々も、ただでさえ明るい土地が、一層華やかな色彩の洪水でした。

         バスを待つ間

 

 

                                      

                          黒髪のセニョリータに駆け寄り、優しく手を取る少年

 

次の瞬間には

                                                    

              


カラチの子供たち [日記]

 今から30年くらい前、私はよく南回りのヨーロッパ線に乗務員しました。中近東が、今よりは少なくても表面的には、はるかに落ち着いて見えた頃です。バンコク、カラチ、テヘラン、クウェートなどに寄りよりしながら、アテネかローマまで行く便です。パキスタンのカラチには、便の都合上4泊くらいします。同僚とマイクロバスで観光に行くと、町には子供が多くすぐに集まって来ます。中には小銭をねだる子供もいますがそれには応じず、片言の英語で話しかけてくるのに合わせていると、どこまでも付いて来ては写真に納まろうとします。皆本当にきれいな目をしていて元気でかわいいのですが、一様に深刻な眼差しをしていたのが、他のどこの子供たちとも違って見え、今でも記憶に残っています。

 今この子たちはどうしているのでしょう。元気でいれば、皆おじさんおばさんの年齢ですが… 

 この地球上のあちらこちらで今なお激しく続く悲惨な現実が伝えられる毎日、お互いの名前さえ知らない彼らの事が、しきりと思い出されます。

  

                                    30年くらい前のカラチの町角で                             

 

                           

        モスクの見学について来た子供たち

 


メッセージを送る