So-net無料ブログ作成

16 毎年試験が!


 私の在籍当時は新人であれベテランであれ、CA全員が個別に毎年一度、業務試験と実機でのサービス技量のチェックを受けなければなりませんでした。


 チェックとは、
ある日フライトの為に出社すると、何の前触れもなく突然 「今日はあなたのチェックです」 と言われます。そして一人のチェッカーが、基地を出てから基地に帰って来るまで、一週間のフライトなら一週間ずっと、仕事の間私に付き纏うのです。そして様々な側面から私の仕事を見、評価するのです。


    業務知識、サービス技量、お客様との会話、笑顔、他のCAとの協調性 etc.


そして、最後に講評を受けます。注意を受けたり、叱られたり、励まされたり … …


 もちろんこれはサービス水準を保つためであって、これでお給料が上がったり下がったりする訳ではありません。ですから普段からきちんと仕事をしているならば、いつも自分がしている様にすれば良いのですが、やはり緊張します。毎年、もうそろそろかなと思うとちょっと憂鬱でした。
 チェッカーはCAの部署の上司ですが、中には大変厳しい人もいます。厳しいと言っても理に適った厳しさは気持ちの良いものですが、理不尽な厳しさ(これは「厳しさ」ではなく、「いじわる」ですね)の人は本当にいやでした。


 でも、あの頃より大人になった今考えて見ると、きめ細かく指導していただき、育てていただいていたのだと言う事に気づきもしました。


 それにしても、物的商品の品質を保つ事も難しいと思いますが、人の手によるサービスの質を保つ事は本当に難しい事だと思います。


 初めの頃はこの様に、一人づつのチェックでしたが、後には一編成全体のグループチェックになり、その後はどうなったのでしょうか?今でもチェック制度があるのかどうか、他のエアラインでも行われているのか分かりません。


 何千人もCAが居るであろう今、こんなに手厚い指導は出来ないでしょう。そのための人件費もかかり過ぎますね、きっと。
 古き良き時代だったのかも知れません。


 9602482.jpg      


             ロイヤルサンセット   花言葉  古き佳き思い出
              ~・~・~~・~・~~・~・~~・~・~


 


nice!(3)  コメント(3) 

nice! 3

コメント 3

めぎ

前触れがないというのが怖いですね~
一週間もつきっきりというのも凄いですね~
でも、だからこそ昔のCAさん方の仕事ぶりのあの素晴らしさがあったのでしょうね。
by めぎ (2018-11-23 05:25) 

もとこさん。

めぎ様、付きっ切りって、チェックする方も大変だったと思います。今の時代でそんな組織ってあるかしら・・・  考えようによっては、手厚いのどかな時代だったともいえるのでしょうね。
by もとこさん。 (2018-11-24 16:14) 

もとこさん。

はじトラ様、XML_XSL様、nice!を有り難うございます。
by もとこさん。 (2018-11-24 16:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。