So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

6、CAの仕事とは?

以前に連載しておりました記事の中で、
「あるスチュワーデスの思い出」シリーズだけを
このブログLilac Daysに、また、「アラスカ夏紀行」
Lilac Days in Alaskaに復活させて参ります。
古い記事で恐縮ですが、どうぞ宜しくお願い致します


 そもそもスチュワーデスってどんな仕事をしてるのでしょうか。
 実は私自身、入社するまで飛行機に乗ったことがありませんでした。今の様にテレビドラマの題材になることも無かったので、彼らが具体的にどんな仕事をしているのか考えたこともありませんでした。(それで試験を受けるなんて、あまりに無責任な!)


 今回は、スチュワーデスの仕事の流れをざっと追ってみます。あくまでも「私がいた頃の、私がいた航空会社の」ですから、時代により、会社により違いがあることをお含み下さい。


 一月単位で発表される自分のスケジュールに従って、フライトの出発時間の1時間45分前までにオフィスに行きます。しかし実際はその更に40~60分前ぐらいには着いていて、制服に着替えたり、業務指示文書をチェックしたり、つまりフライトにまつわる自分の用事を済ませます。客室の責任者は、この時間に広い飛行機の中で、誰がどこを担当するかなど決めてチャートを作ります。


 1時間45分前に全員揃って打ち合わせを行います。お客さまに関する情報、例えば、人数はもちろん、小児、車椅子や特別食をご希望の方、VIP、特別のケアーを必要とする方などが知らされます。そして路線の特性や注意事項、今日のサービス内容とサービス方針、到着地の免税基準などの確認、保安に関する知識や動作の確認などを行って、これらを全乗務員が共有します。

 それが済むとキャプテンたちと合流して、飛行情報や万一の時の対応などを確認します。

 その後出国審査を経て、1時間ほど前には飛行機に乗ります。乗り込んでからは各自の持ち場の保安機材チェック、食事と飲み物の数と内容のチェック、様々な備品と道具類、例えば厨房用品、トイレの備品、救急箱、新聞、雑誌、おもちゃ、機内誌などの搭載と、正常に機能するかの確認をし、使いやすいように可能な限り準備する、etc.etc.  


 自分の守備範囲を確実にこなす事と、したことを報告する事が求められます。なぜなら、何人もで同じ所をチェックすると言う時間のロスを省き、尚且つ絶対に漏れがあってはならないからです。一旦離陸してしまえば、そこにある物資と人と知恵で着陸まで全てをまかなわなければならないのが飛行機です。もし満席12時間のフライトなかばでトイレットペーパーの予備が無くなったら?これは大変なことです。


 ※特別食:療養食や宗教上の理由によるもの。例えば糖尿病や高血圧の方の食事、イスラム教徒の豚肉を使わない食事など、色々あります。


 そして最後に不審物がないことを確認し、各自のビューティーチェックもして、30分前にはお客様を迎えます。


 離陸後は飲み物や食事サービス。今は私も乗客の立場で乗りますから、客席から見ていると皆にこやかにゆったりとサービスしているように見えるのですが、カーテンの陰、調理室では彼女たち髪振り乱して働いていことでしょう。


 そして二回目の食事までの間、機内販売、映画の上映、トイレの清掃、次の食事が傷まないようにドライアイスのチェック、入国用の旅客と乗員の書類、機体と貨物及び機内の搭載物品に関する書類の準備、乗客の病気やトラブルへの対応、稀に出産や機内で亡くなるケースもあり、これら全てに対処することがCAの仕事なのです。


 機内は老若男女、様々な人種、様々な背景や事情・目的を持った人々の共同の生活の場であり、社会です。大地から1万メートルも離れた大空にぽっかりと浮かぶ、小さな運命共同体です。CAの仕事は、この運命共同体の中にいる全員の生活を安全に、快適に完結させることなのです。


 次回は、ある日のフライトをシュミレーション致しましょう。


 8884705.jpg
  イタリア ナポリの空


 8884710.jpg
  日本の空  


 8884712.jpg
   アラスカの空


 8884718.jpg
   日本の空 


 


nice!(2)  コメント(3) 

5、第三次印パ戦争

 中近東を経由して行く南回りヨーロッパ線は、その時々の政治情勢によって、寄港地と乗員の滞在地が変わります。

 イランは、今でこそ宗教的な戒律を非常に重んじる国ですが、1979年にイスラム革命が起きる以前は西欧化路線をとるパーレビ国王の統治下にあり、テヘランの人々の生活は数日滞在するだけの私の目には、イスラムの国とは思えないほど華やかに見えましたした。欧米のようなファッショナブルな装いの女性も沢山いましたし、チャドル(女性の体全体を覆う黒い布)を着用した女性も裾を翻してカラフルなミニスカートをのぞかせていたものです。 1970年代初め、大学でもオフィスでも当然のこととして女性達が活躍していました。何といっても、アメリカ系のホテルであるシェラトン・テヘランがあって私達乗員はそこに宿泊していたのですから、今の政治情勢からは考えられないことです。バザールでのショッピング、モスクや博物館の見学、観光など、車や徒歩で可能でした。

              8867183.jpg 
                     こんなミニチュアゴルフも出来ました。(1974年)

 一方イランの東隣りの国、パキスタンは1947年の英領インドからの分離独立後、カシミールを巡ってインドと対立し、不穏な情勢が続いており、70年代初め当時カラチへは就航していませんでした。(後に就航し、私も何度も滞在しました。)

 1971年の秋のある日、私はバンコクからのフライトで到着してテヘランにいました。
 翌日、会社から連絡があり、明朝カラチに臨時便を出すので乗務するようにとの事です。それでキャプテン以下10人ほどの一チームが帰りの便のための食事だけ積み、空(から)のDC-8でカラチまで行きました。けれど上空に来てもなかなか着陸しないのです。その理由は後で分かるのですが、ようやく着陸し、満席のお客様を乗せてすぐに出発です。
 お客様はほとんどが日本人の家族連れで、欧米の男性も少しいました。皆さん疲労と安堵の入り混じった表情で、中には泣いている方もいます。そして口々に「迎えに来てくださってありがとう」とおっしゃるのです。
この方たちは、少し前に第三次印パ戦争が勃発し、家を捨ててホテルに避難していた駐在員のご家族だったのです。
 食べ物はパンしかなく、それも乏しくなりかけていたのだそうです。そして搭乗に先立って、命の保証は求めないと一筆書かされていたのだそうです。
 フライトはどうにか無事安全なテヘランにたどり着き、そこから別の便で日本へ帰られました。そして私達乗員は予定のヨーロッパ行きのスケジュールに戻ったのです。
 テヘランのホテルに戻ってからキャプテンに聞かされたことは、「銃撃戦が静かになるのを待って合間を縫って着陸したんだよ」。
 どうりですぐに着陸しなかった訳です。

 その後12月に、東パキスタンがバングラディッシュとして独立したことを、私は新聞で知りました。

 

2018年9月の追記

 上記の文章は、この記事を最初に公開した時、つまり2007年8月(今から11年前に)その時点から36年前(今から47年前)の事を思い出して書いたものです。書いた当時、中東情勢はあの頃から大きく変わったと思いながら書いたものですが、2018年の今、11年前のこれを書いた時点からも世界は激動の連続だと言えるのでしょう。人類はいったいどこに向かおうとしているのか。

 また、この時はたまたま近くに居合わせた民間航空会社の一社員でしかない私たちが、会社の指示に従って戦時下にある空港に救出に行ったのです。しかし私はその後、このようなケースでの在外邦人の救出について、日本が大きな問題を抱えていることを知ることになりました。(関心おありの方は Wikipediaの「イラン・イラク戦争 」の項の 「3 影響 3.1 日本との関連」などをご覧ください。)

 


nice!(2)  コメント(2) 

4、カルチャーショック

 

 一人前になって飛び始めた最初の頃のお話しをしましょう。1970年の太平洋線です。
 今でこそ日本とアメリカ西海岸8000キロをノンストップが当たり前ですが、当時の飛行機は給油せずに飛べる距離が今の飛行機ほど長くなかったため、必ず往復ホノルルに立ち寄りました。更に冬場の向かい風が非常に強い時には、ホノルル・東京の6200キロさえも、途中アメリカ軍の施設のあった太平洋上の小さな島・ウエーク島で給油しなければならないことがありました。

 ある日のフライトで、出発時にお客様にはウエーク島に寄ることをご案内してはあったのですが、いざ着陸すると一人のお客様が給油のためだと言うことを信じて下さいません。絶対に機体に何か不都合があって不時着陸したのだと言い張ります。説明すればするほど、事実を隠していると思うもので、安心していただくのに大変でした。

 70年代初めと言えば、関東の私の周辺にはスーパーマーケットはありましたが、普通はカートではなくバスケットでの買い物です。そして古くからの商店街が、肉屋さん、魚屋さん、八百屋さんなどで、まだまだにぎわっていた頃です。
 しかし、初めて行ったホノルルやサンフランシスコには巨大なスーパーがあり、人々が車でやって来ては今の日本のスーパーのカートよりはるかに大きなものに山盛りの生活物資を買って行くのにびっくりました。

     その頃日本では     アメリカでは
 牛乳  180ccのビン     クオート(1リット弱)単位の巨大パック
アイスクリーム一人用カップ       〃 
 卵   1個単位        1ダース入りの箱  
 肉   100gとか50gとか    ポンド(lb≒450g)単位
                 大きな塊や鶏一羽当たり前

 グレープフルーツは都心の高級果物店に麗々しく並んでいる以外見たことありませんでした。アボカド無し、ズッキーニ無し、ハーブ無し、マッシュルームは缶詰、ワインと言えば一般には甘い赤玉ポートワインの時代です。

 1ドル=360円ですから、円に換算してしまうとハンバーガー一つ買うにも勇気の要る私なのに、アメリカ人て皆大金持ちなんだ!と思いました。

 私が初めてのフライトで買ったものは、日本ではまだ憧れだったテフロンのフライパンです。
 先輩に「若いうちにこう言うもの買うといつまでもお嫁に行けないのよ」と言われました。多くの女性には寿退社があこがれの時代だったんですね。
 でもその故か、実際私は40少し前まで独身でしたわ。 


 2018年の今の追記:
 若き日に
私を驚かせたアメリカのショッピング事情ですが、今こうして見るとアメリカの単位に驚くより、昔の日本のささやかさに驚きますね。
 若い方には、卵を一個単位で売っていた時代があったなんて、考えられないでしょう?

 

 

 

 


nice!(2)  コメント(3) 

3 職業の呼び名


 

 ところでこの職業の呼び名ですが、ここにも時代が反映されていると思うのです。

 スチュワーデス→キャビン(又はフライト)アテンダント→CA。

 実際には男性の客室乗務員も沢山いるのですが、女性の職業の典型として昔からあった名前がスチュワーデス、看護婦さん、保母さんetc. 
 古めかしいスチュワーデスと言う名から、なんとなく新しい響きのエアホステス(空の女主人・「お客様」に対して「お迎えする側」)と言うことが一時ありましたが、定着しませんでしたね。

 そして女性が今までの典型的な職業から抜け出し、様々な分野で広く活躍する時代になって、性別を特定しない職業名、看護士、保育士などと同様、キャビンアテンダントへ変化しました。そしてあわただしい現代、なんでも短く縮めてしまう時代にその頭文字をとってCAとなったのでしょう。

 それぞれの呼び名の普及には、テレビドラマも大きく影響していることでしょう。
 CAは内部では昔から職種を表すのに使われていましたが、業界用語をそのまま巷でも使うと言うのも近頃の流行ですね。

 兎に角私が飛んでいたのはスチュワーデスの時代ですので、ここではその呼び名を使うことにしました。

 因みに日本語では客室乗務員(パイロットは運航乗務員)。
 キャビンアテンダント cabin attendant とは客室のお世話係。そして中国語では空中小娘(日本語式に読むと「くうちゅうこむすめ」)、男性CAは空中飯盛男(同じく「くうちゅうめしもりおとこ」)、と呼ぶと言うのが仲間内での定説でしたが、私は中国語が話せませんので、真偽のほどは分かりません。そして自分達ではとび職=飛び職とも呼んでいました。

 それにしても21世紀の今、ブログを書くとわかっていたら、それなりの写真を少しは撮っておいたのに…  

 

          
                 ロンドン ヒースロー空港着陸間際
                 後年夫が撮った写真です。


nice!(2)  コメント(2) 

2、訓練フライト


 さて、訓練生として2週間実機でフライトし、1週間だけ再び訓練所に戻ります。そして試験をパスしていよいよ一人前として飛ぶことが出来るようになるのです。戻ってきた訓練所では、2週間の間の皆の冒険談に華が咲きましたが、その内いくつかご紹介しましょう。


 搭乗時の入り口でご挨拶していた同僚は、きれいな外人のご婦人が乗っていらしたので張り切って  ”Good morning,madam.” と言いました。するとお客様から返ってきた返事は
  「僕madamじゃないよ」  
 いつも麗しいレディーの装いの某有名男性だったのです。  
 真っ白く長い指、美しいしぐさ、貴婦人そのものだったそうです。


 またある同僚のファーストクラスでの食事サービス中の話し。某国の文化大臣ご夫妻の前にデザートワゴンを押して行き、ご希望をうかがいますと、大臣ご本人は苺に生クリームを所望なさいました。そこで空気圧で搾り出すクリームのチューブを押したとたん、びゃ~ とクリームが飛び出し、なんと大臣の禿げ上がった額にたっぷりと張り付いてしまったのです。一瞬氷のような空気が流れ、彼女は固まってしまいました。しかし次の瞬間に奥様がプ~ッと吹き出され、それをきっかけにご夫妻で大笑いして下さったとか。


 我が夫に被害の及んだ若い人の失敗を、笑いでフォローできる奥様、さすがです。けれど先輩は到着までハラハラし通しだった事でしょう。写真が無いのが残念ですが…


 こうして最後の試験も何とか終え、それぞれ割り当てられた路線へと飛び立って行きました。訓練所卒業の日上司が特別にシャンパンを開けてくださり皆で乾杯しましたが、訓練で試飲した時と違って、心行くまでその味を楽しむ事が出来ました。


8747654.jpg
1970年のインターナショナルマーケットプレイス。
カラカウア通りはワイキキの向かいの、そうあそこです。
当時はこんなだったんですよ。


2016年に改装してこんなになったそうです! こちらは、閑散とした当時のアラモアナ付近。
yjimage.jpg 8748972.jpg 


 そして、バンコクの寺院を守る巨人(ワットプラケオで)
  8748573.jpg 今も健在でしょうね。


 


訓練生としてフライトした先は、ホノルル、バンコク、香港その他。
そしてまだ国際線だった、復帰前の沖縄。
      


つづく              


 


  

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

1、さて、本題に

以前に連載しておりました記事の中で、
「あるスチュワーデスの思い出」シリーズだけを
このブログLilac Daysに、また、「アラスカ夏紀行」
Lilac Days in Alaskaに復活させて参ります。
古い記事で恐縮ですが、どうぞ宜しくお願い致します。


 私は1970年から1990年までの間、航空会社に客室乗務員として勤務しました。航空業界はもちろん、日本も世界も激動した20年間でした。
 旅の形も旅行者の意識も大いに変化したこの期間を、そこで青春時代の後半から、結婚、出産を経てに中年に差し掛かるまでを過ごした私個人の思い出を辿りながら、何回かに分けて描いて行きたいと思います。色褪せて行く写真と、薄れ行く記憶を頼りに…


 8742163.jpg      ジャンボの窓から見えるエンジン これはずっとあと、退職後の写真です。

 1970年は大阪万博の年であり、ジャンボジェットが初めて就航した年でもあります。海外旅行が庶民には夢のまた夢だった時代から、大量輸送時代へ移行して行った頃です。


 私達新入生は初フライトに先立つ6ヶ月余り、前年の秋から、来る日も来る日も各種の訓練と試験の連続でした。


 食事やお酒と飲み物に関する知識とサービス方法、検疫・出入国・税関その他の関連法、運航に関する国際協定、機体に関する知識、気象、各国の文化と観光、機内販売、英語、アナウンス、etc.etc.そして救急法と何より厳しい救難訓練。


 こうして列挙して見ると、何と多岐に渡った事を学んだのでしょう!そしていくら若いとは言え、どうしてこんなに沢山覚えることが出来たのでしょうか… 


   8742159.jpg


 2月に訓練生のバッジを着けてはじめてのフライトに出ました。ホノルル経由サンフランシスコ行きです。田舎の停車場のような羽田空港。ボーディングブリッジはありませんから、空港ビル近くの飛行機へはのんびりと歩いて向かいます。


 この5ヶ月後にジャンボ機がやって来るのですが、それでもしばらくの間の主流は、
DC-8と、上の写真の遠くに尾翼の天辺が見えるボーイング727です。

 

つづく


 

 

nice!(2)  コメント(3) 

スペインでの夏休み

以前に連載しておりました記事の中で、
「あるスチュワーデスの思い出」シリーズだけを
このブログLilac Daysに、また、「アラスカ夏紀行」
Lilac Days in Alaskaに復活させて参ります。

古い記事で恐縮ですが、どうぞ宜しくお願い致します。



 早速ですが、休暇のお話しを。


 娘がまだ小さかった頃、ひと夏、スペインはマラガの海岸に住んでいた友達の所に転がりこんでいたことがありました。地中海に面し、晴れた日には対岸にアフリカの見える村です。

8563022.jpg

 好運なことに滞在中に夏祭りの一週間がありました。

 近郊の町や村から、沢山の人々がマラガの中心地を目指してやってくるのですが、ヨチヨチ歩きの子供からお年寄りまで、女性はみんなカラフルなドレスを着ています。そしてあちらこちらの街角や広場で踊り狂うのです。

 後ろにドレスの裾をからげたセニョリータを乗せたオートバイ達が、いっせいに町を目指して走ってゆく様子の、何とものどかでユーモラスなこと。バスの中も、町の角々も、ただでさえ明るい土地が、一層華やかな色彩の洪水です。



               8563037.jpgバスを待つ間


8563052.jpg

     黒髪のセニョリータに駆け寄り、優しく手を取る少年



          けれど 次の瞬間には

        8563092.jpg




  

nice!(2)  コメント(2) 

プロローグ カラチの子供たち 

以前に連載しておりました記事の中で、「あるスチュワーデスの思い出」シリーズを
このブログLilac Days 世界は私の学校に、
また、「アラスカ夏紀行」を Lilac Days in Alaska に復活させて参ります。

古い記事で恐縮ですが、どうぞ宜しくお願い致します。


もとこ


 1970年代半ば、私はよく南回りのヨーロッパ線に乗務員しました。
中近東が、今よりは少なくても表面的には、はるかに落ち着いて見えた頃です。
 バンコク、カラチ、テヘラン、クウェートなどに寄りよりしながら、アテネかローマまで行く便です。
 パキスタンのカラチには、便の都合上4泊くらいします。同僚とマイクロバスで観光に行くと、町には子供が多くてすぐに集まって来ます。中には小銭をねだる子供もいますがそれには応じず、片言の英語で話しかけてくるのに合わせていると、どこまでも付いて来ては写真に納まろうとします。
 皆本当にきれいな目をしていて元気でかわいいのですが、一様に深刻な眼差しをしていたのが、他のどこの子供たちとも違って見え、今でも記憶に残っています。


 今この子たちはどうしているのでしょう。元気でいれば、皆おじさんおばさんの年齢ですが… 


 この地球上のあちらこちらで今なお激しく続く悲惨な現実が伝えられる毎日、お互いの名前さえ知らない彼らの事が、しきりと思い出されます。


   8525163.gif
              1975年前後のカラチの街角で。


                 8525199.gif
                                      モスクの見学について来た子供たち


 


nice!(3)  コメント(2)